第21回金沢文庫芸術祭 オープニングフェスありがとうございました。

2019/09/15(日)金沢文庫芸術祭オープニングフェスティバル/横浜海の公園 アートブース86

事前告知、ほとんど出来なかったのですが、
第19回 金沢文庫芸術祭オープニングフェスティバルに参加しました。
文庫芸祭は2年ぶりの出店。
昨年探していただいたお客さん、たくさんいらっしゃったようで、
すみませんでした。

忘れないうちに、ほとんど忘備録ですが書き留めておきます。

オープニング、メインステージにて
主催者の浅葉先生(CANDY)のスピーチで、文庫芸祭では先住民族の叡智を取り上げてきて、「虹の戦士」という概念?思想があって、
(この辺の下りは是非ググって理解ください)
戦士の中には「soldier」ソルジャーと「worrior」ウォーリアーがある。二つの似て非なる違いは、ソルジャーは命令に従う戦士、ウォーリアーは自分から見つけ自らの意思で挑んでいく戦士。文庫芸祭の活動を通じ、ウォーリアーが増えてきた実感がある。そんな話があって、祈りの言葉をスピーチする瞬間、
ああっ、何か大きな精神とでもいうのかなぁ、繋がってる感を、風や光の中に感じる瞬間がありました。

実行委員の弾さんの「出来るか/出来ないか、ではなく、やるか/やらないか」
一晩でステージ脇の花のオブジェを制作したスタッフを例に、
これが文庫芸祭のスピリッツなんだなぁ、と。
オープニングで改めて実感してしまいました。

聞き間違いあったらごめんなさい、なんですが
確か、はじめて文庫芸祭に参加した時と同じだ。この感じ。

———
うまく言葉にできないので、こっから先は
お客さんとの会話を自分用に箇条書きで。

・染裕の問い合わせフォーム
最近迷惑なメールが多くて、承認セキュリティー厳しく設定しようと途中で使えない状態です。近日中に直しておきますね。本当にすみません。

・メンズサイズ 在庫少なくてすみません。
 M〜Lサイズでランダムな絞りで生地白も残った柄、来年用意しときます。

・五本指靴下、レディースサイズやっぱり欲しいですね。
 今年はかかと無/有でリーズナブル展開したんですが、検討します。

・手袋。
 軍手がおすすめなんですが、ご婦人方には使いにくいですね。
 薄手の日焼け止めに使えるの、探してみます。

・手ぬぐい
 こちらもバリエーション増やしますね、リクエスト多かったです。

どこまで来年準備出来るかなぁ、とにかくここに残しておけば忘れませんので。
それから、個別で注文頂いたもの、後日連絡しますの件、これは別枠で記録してますので楽しみにお待ちください。

今年も「本物の藍染ですか?」って質問と、
「藍染って高いですね」って感想を頂き、しばしフリーズ。
「本物です」と迷わず即答したいけど、逆に「本物って何ですか?」
高い安いって、何が基準?
今回Tシャツ3000円程度から設定してたけど、それでも高いか。
この質問が出ないくらいのブランド?アイデンティティ?
圧倒的な存在に染裕なりたいっす。

なんか愚痴っぽくてすみません。
みなさんと話したこと、結構忘れられなくて。
特に最近は染め以外の仕事の方が忙しくて、考える時間の方が多いので余計に。
これからも考え続けます。本物の藍染と値段のバランス。

天気が心配されましたが、午前中は暑すぎくらいの好天気に恵まれ、
楽しい1日となりました。
テンコクラブの歌声と、夕方終わり近くのステージ見れなかったのが残念でしたが久しぶりに会う面々、みなさんと会えて楽しかったです。
ありがとうございました。

 

LINEで送る
Pocket

「太陽のブルー」のれん

藍染のれん「太陽のブルー」
藍染のれん「太陽のブルー」素材:綿(手織)サイズ90cmx120cm

新築祝としてお届けする事になった
藍染のれん「太陽のブルー」
発送前にアク抜きをして、天気がよかったので裏山の桜の木につるし、
春の光と風を浴びせ撮影してみました。

ちょうど桜が咲き始めました。発送が桜の季節でよかった。
春の光と風に揺れるのれんを眺めていたら
制作時のいろいろを思い出しました。

実は「月のブルー」というのれんがあって、その続編みたいなイメージで
染めたのが、この「太陽のブルー」。

部屋や空間の仕切りとして使われる時
例えるなら、電源もフィルター交換もいらずに存在する事で
「空気清浄機」みたいに、静かにその場を浄化し続けてほしい、
そんな願いを込めて染めました。

展示会場でこれを見たお客さんから、
“ある種”の患者さんの部屋にあれば病気が治りそうなパワーがありますね
ってコメント頂いたことがあって、ああ、なるほど、と。

ただ、少しインパクト強いので、場所が選ばれ
使いにくいかなぁ、とも思っていたのですが、
新築の御宅で使っていただく事になり、本日発送となりました。

写真撮影しながら、制作時の事やお客さんとの会話を思い出しました。

風に揺れている一瞬、ハートマークじゃん。

これから、その御宅の空間に溶け込み
5年、10年後はどんな風合いになるんだろう。
藍で染まった手織りの生地、とても魅力的ですよ。
ご利用いただくご家族のご健康とご多幸をお祈りして
この「太陽のブルー」のれんをお届けいたします。

LINEで送る
Pocket


2018新年おめでとうございます


2018年 新年あけましておめでとうございます

昨年は染が出来ない日々が続き
毎年、一年間の制作を振り返って年賀状をつくるのですが
今年は作品をピックアップ出来ずに
イラストになってしまいました。

様々な事があり、新しい年を迎え
皆様への感謝を痛感しております。

本年もよろしくお願い致します。

 

LINEで送る
Pocket