音と光と笑顔のステージ

4月4日(日)は 関内ホールで行なわれた
「琢磨仁のウクレレ・レッスン発表会」に行ってきました
実は写真撮影をとお声をかけて頂きカメラ小僧(カメラ親父)に

実は昨年、あるべると(※1)にお誘いいただき見に行ったら、
いつの間にか一眼デジカメを渡されてカメラマンに。
えっ~!だったのですが、大学時代カメラマンバイトをしていた記憶を思い出し
ドキドキの撮影。今年は前もって三脚とカメラを準備して行きました!

琢磨先生ご夫妻は金沢文庫芸術祭のステージに出演された時から(3年位前かな~)、
フラの佐竹祥子先生も昨年の文庫芸祭/虹の翼隊子供達のフラ・ウクレレチームを
御指導して頂いたり、と交流をさせて頂いていました。

ウクレレもフラも、見ているとその空間がホントに楽しい空気になって、
独特のたのしさ感がたまらないんですね。
それが生演奏ステージだと格別なんです!

レッスンの発表会で、みなさん緊張の面持ちも
演奏するにつれて、だんだん表情もほぐれて最後は大合唱に!

昨年のステージでも感じたのですが、
みなさんのウクレレの音のウェーブっていうのかな、
会場を包み込む、暖かいうねりがファインダーを覗いていると
自分に届けて頂いているみたいで、(たぶん他のみんなに届いてるんだけど)
すごく気持ちがいいんです。少しは写真の中に密封されたかなぁ。。

自分も少しキンチョ~しながら冷や汗の撮影でしたが
途中から楽しくなって、アンコールしたかったくらいです
みなさんありがとうございました
(*^o^*)!

琢磨先生のウクレレ・レッスンは茅ヶ崎/関内/逗子等で行なわれて
受講生を募集しているみたいですよ、詳しくはHalf Moonのホームページ

(※1)コレ、あるべるとです
   (謎の人物ですが染裕ワークショップにも黄色ツナギで参加頂いてます)
    何故か白いヒゲ&カツラのいでたち。あっ、そっか、サンタさんなのね!
    このピントのボケ具合といい、ちょっと気に入ってます。この写真。
    あ~、来年はもっと撮影に余裕の気持ちがうまれて
    こんなピンぼけ写真を狙って撮影したいなぁ~

PS、アルベルト~!今度立ち飲みでいいからおごってね!

LINEで送る
Pocket

桜咲く今日この頃に

桜と藍染唐獅子牡丹桜と藍染唐獅子牡丹

桜満開となりましたね~

きっとこの週末が見頃ですね

今日は新作の藍染筒描「唐獅子牡丹」を持って
近所の緑地に花見に行きました。

この周辺は鎌倉まで続くハイキングコースもあり
緑もたくさん残っていて、とても気持ちの良いエネルギーを感じる場所

桜も見事に咲いていました。

実はこんな緑の中で、藍染の作品を展示したいな~と
構想しているんです

こんな季節に藍で染めたのれんのトンネルなんて最高!
(こんな表現ではイメージ伝わらないと思いますが。。)

その野外展示の実験も兼ねて、こんな風に撮影してみました。

思ったより設置が難しく
風もあり、野外の展示は手間でしたが
とても気持ちよかったです

みなさんも週末は
今年の桜、花見をされましたか?

LINEで送る
Pocket

染まらぬ液で染めをする その2

前回からの続きです

「染まらぬ液」に還元剤を入れてから一晩程放置しました。
液面、変化なしで一度撹拌した直後の液です

元気がないみたいだけど、何となく青い色味が有り、で染めてみました

なんとなく藍の色味を感じられるものの、藍には染まっていません。。。

おかしいなぁ。。。
どういう事なんだろう。。

少し意地になって、溶解剤と還元剤を多量に入れてみました
目に見える変化が無く、少量を容器に移しどのくらい入れれば
液が染まるのか実験してみたんですね。

結果はいくら混ぜても変化なし。
おかしい。。。。
醗酵建てに失敗したとしても
化学建ては可能なハズ

この液は何で還元されない??
藍に染まらないんだろう。。。

ここから先は、もしかしたら?の仮定でしかありません

すくもを用い醗酵させた液は、おそらく長く使っても
半年もすると処分して次の仕込みを準備すると思います。

◯自分は約一年、染まらぬ液を撹拌してきました。
 もしかしたら、こんなに時間が経過すると
 インジカン/インジゴも他の物質に変化してしまったのかもしれません。
 (これを醗酵というのか、腐敗というのか何と言えばいいのかわかりませんが)

◯この液を「すくも」を原料に藍に染まらない液、とするならば
 この液こそが、本藍(すくも)成分のキモになる部分で
 <コレも他の物質に変化していなかったら、の話しですが>
 この液で下染めして、インジゴピュアで染めれば、天然藍(すくも)と
 同じ様な色に染まるのか?

◯めちゃくちゃな発想ですが
 「すくも」を使った草木染めは可能か?
  媒染剤で現状の茶褐色に染まるのか

こんな事をした藍染屋が今迄存在するのかわかりませんが
この液で染色を試みたり、臭いをかいだり、なめたり、
全身全霊で感じ取って、こんな事を考えてしまいました。

この続きは、試してみたらまた
ブログで紹介します

LINEで送る
Pocket

染まらぬ液で染めをする

 

ちょっと藍染をする者としては葬り去りたい事なんですが、
いつの日か貴重な出来事だったと思い返せる様
ここに書き留めておきます。

原料に「すくも」を用い、天然灰汁醗酵建での藍染を試みて
昨年の5月22日に仕込みをしました。大変手間のかかる染めなのですが
時間をかければ染まる液が準備できるだろうなぁ~程の考えで
以前経験した染めを思い出しつつ、出来る材料を揃えれました。

通常ならば(この通常ならば、も正確には以前の経験ならば)
一週間から10日ほどで液が建ち上がる(染色可能になる)のですが
なかなか思い描いた液にはなりませんでした。
今、ブログをさかのぼると 幾つかの重大な過ちをして
何回かのタイミングを逃してしまっている様です。

結局、約2ヶ月経過した昨年7月26日にこの液での染めを諦めたのですが
その後、どうしていたかというと。。。。
諦められず、いつか染まる液になるんじゃないか?という思いと
この液を処分出来ずに(もったいないという思い)、
実は今日迄、一日1回撹拌(液を混ぜ続けて)してきました。

手間の作業だったのですがなんとなく処分の踏ん切りもつかず
正直に告白すると、撹拌を忘れた日もあるのですが
冬場は温度管理もしていなかったので、2日おき位には混ぜてきました。

ここ数日、寒い日もあったのですが
「液」が異臭を放つようになり、このままでは
いい加減まずいぞ。。(近所迷惑です、この臭いは。。)

先日の体験染めで、用意した「藍の液」を
『牛舎の臭い』と表現された方がいらしたのですが
この液はその臭いを通り越えた、腐敗臭です。
(イメージでは昔あった汲取式のそれの臭いです)

※ ちなみに体験染めの液は天然藍と化学藍をブレンドした
  染裕のオリジナルを準備しました。
  もっと詳しく説明すると、「大和藍」をベースにした液です

写真は撹拌後の液の状態です。
藍に染まる気配すらないですね。

臭いのキツい液だったのですが
自分で染めて着て試してみようとロンTを液の中に入れてみました

予想どおり、藍には染まりませんがすごい色になりました。
すくもの腐葉土としての色素の色
といってもいいのでしょうか。。。

この液は耐えられない臭いですが
鼻がなれてくると、だんだん臭さのなかに甘みも感じられる
不思議な臭いになってきました。

自分ではじめた事は、自分で終わらせないといけない事を改めて感じました。

「藍の液」でも「人とモノ」でも「人と人」の関係でも
誤ったり、こじらせたり、タイミングを逃すとこの液の様な状態になり、
元は自分で招いた事。

この液を握りしめながら、今の自分を置き換えてしまいました

腐敗臭を体全身で感じながら、
還元剤を入れて、強制的に染めを試みます。

ちょっと込入った事を書き留めますが
自分の考えでは、醗酵で還元はしなかったものの
すくもに含まれていたインジカンはまだ液の中に含まれ
ているハズだから
溶解/還元させればすくもに含まれていた色素で染色が可能だろうと。

長くなるので次に続きます。

LINEで送る
Pocket

次回ワークショップのお知らせ

先週末に行なわれた
藍染のワークショップ、本当に楽しかったです(^ο^)
ブログに投稿して、また思い出しながらニヤニヤ。
参加の皆様、ありがとうございました~

今度ははいつ?と今回ご参加のメンバーや、
来れなかった方々よりリクエスト頂き
次回日程が決まりましたのでお知らせ致しますね
今回のワークショップをさらにバージョンアップさせますョ!

日時:5月8日(土)
場所:JOYhouse(追浜)

午前/母の日のプレゼントに!絞り染めショール(初級応用コース)
 時間:10時30分~13時迄予定
 参加費:¥3,800~(昼食のおむすびランチ/材料代/プレゼントラッピング込み)
  
     ※オプションで生地の変更可能/別途追加料金有
 定員:6名様(詳細は下記、御確認ください)

午後/絞り・ロウケツ染めフリースタイル(中級充実コース)
 時間:13時30分~ 17時頃迄(仕上がり次第終了)
 費用:3000円~(ワンドリンク付き/材料費込み)
    ※生地は手ぬぐいをご用意しますが
     オプションで生地の持込み可能/別途追加料金有
 定員:6名様(詳細は下記、御確認ください)

JOYhouse & 染裕 プレゼンツ
皆様のリクエストにお答えして
母の日のプレゼントを手作りの藍染で!の午前コースと
お好きに染めてください~の午後コースをご用意しましたョ

母の日ショールのサンプルです

こちらのショールは、午前の部 母の日のプレゼントサンプル品です。
染裕でも大人気のレーヨン素材のショールを感謝の気持ちを込めて
絞り染で制作してみませんか??
翌日(5/9)の母の日にそのままプレゼント出来る様に、
ワークショップ終了時には素敵なラッピングもご用意していますよ~
オプションで絹素材のショールもご用意します。(別途オプション料金追加)
いつもありがとう!の気持ちを手作り藍染ショールでいかがですか??

午後の部は、自分のTシャツ染めたい、5本指靴下染めたい、
といった、こだわりのリクエストにお応えして
絞り・ローケツ染め充実のフリースタイルコースをご用意しましたョ

柄付けは絞り・ローケツどちらもOK!
生地は手ぬぐいをご用意していますが、お持ち込可とし、
事前にお問い合わせ頂ければ、染裕で通常染めている白生地の
Tシャツや靴下もご用意しますよ(別途オプション料金追加)

お好きな素材で自由に染めて
思う存分、藍染を楽しんでください~

お問い合わせ、お申し込みは

染裕ホームページ内の申し込みページ又は
JOYhouseにご連絡くださいね

皆様からの申し込みを
楽しみにしております

LINEで送る
Pocket