染裕備忘録-20100420 ガス・ヴァン・サント監督作品

評価:

エイベックス・マーケティング

¥ 2,270

(2006-09-20)
コメント:見る人にとっては、退屈な映画。見る人にとっては、染み込んでくる様な映画。

評価:
マット・デイモン,ベン・アフレック
松竹ホームビデオ
(2005-04-28)
コメント:ああ、いい映画をみたなぁ。。ガス・ヴァン・サント監督。この人の作品を続けて何作か見ていて、固まってしまう事があるけど(善くも悪くも)この作品は難しい事抜きに、週末に見るおすすめの作品。

評価:
ガス・ヴァン・サント,ガス・ヴァン・サント
ジェネオン エンタテインメント
(2004-12-03)
コメント:エンディングに映し出された空の色がまぶしかった。。しばし呆然。。。 制作過程を知って、唖然。。。 何か、とても新鮮な驚き(?)が、見終わってから続いています。

最近は黒澤作品、小津作品ばかりを
見続けていたのですがガス・ヴァン・サント監督
どうしても、気になって気になって
立て続けに何作か追っかけてみました。
きっかけは映画「ミルク」と「KJのコメント」

映画「ミルク」はショーン・ペン、この人目的で見たら
監督がガス・ヴァン・サントで気になっていた。。

「KJのコメント」とは、佐野元春のザ・ソングライターズ
にゲスト出演していたKJが好きな映画監督として話していて。

どちらも、もっと詳しく紹介したいけど
ちょっと気になる~ぞ!が続いたのでこれは見なきゃでしょ!

今の感想。。。。ガス・ヴァン・サント監督
この人の映画について何とコメントするかで
見えてくるんだろうなぁ。その人が

めちゃくちゃな例えです

「映画」 テレビで放送する何とかロードショー
「ムービー」 映画館で見る作品
「シネマ」 何か作品的なもの

と、例えるならばガス・ヴァン・サント監督はみな
「シネマ」に分類でその中でもちょっと異質。

自身ゲイである事を公表して映画内にも
ちょっと直視しにくいシーン(暴力シーンなんかも)が
あるんだけど圧倒的なマイノリティーな、虐げられている者や
日常に潜む「闇」をスクリーンに映し出して
あとは見るものにゆだねる。。。。

ちょっと抵抗ありすぎなんだけど
見てしまったら、残ってしまって
数日後に印象がひっくり返ってしまう
(苦痛だったものが、開放感に変わる、みたいな)
不思議な感想を持ちました。

ちょっと特殊な作品が多いので
「グッド・ウィル・ハンティング」以外はおすすめしません

この人の作品、全部コメントしようと思ってたんですが、、
レビューは3件しか残せないのと、「カウガール・ブルース」を見たら
もう、ちょっと暫くはいいや~。。。


レビューに出ない他作品の感想です。

「マラノーチェ」
ティーンエイジャーの頃に見たら、違った感想を持てたかな。。

「ミルク」
主演がショーン・ペン、実話のストーリ。それだけでオススメ。

「カウガール・ブルース」
ちょっとおちゃめ?この感じはもういいや。。。

『マイ・プライベート・アイダホ』は気になるな。。
『ドラックストア・カーボーイ』は見たのが随分昔で感想語る程憶えてないや。。

LINEで送る
Pocket