桜咲く今日この頃に

桜と藍染唐獅子牡丹桜と藍染唐獅子牡丹

桜満開となりましたね~

きっとこの週末が見頃ですね

今日は新作の藍染筒描「唐獅子牡丹」を持って
近所の緑地に花見に行きました。

この周辺は鎌倉まで続くハイキングコースもあり
緑もたくさん残っていて、とても気持ちの良いエネルギーを感じる場所

桜も見事に咲いていました。

実はこんな緑の中で、藍染の作品を展示したいな~と
構想しているんです

こんな季節に藍で染めたのれんのトンネルなんて最高!
(こんな表現ではイメージ伝わらないと思いますが。。)

その野外展示の実験も兼ねて、こんな風に撮影してみました。

思ったより設置が難しく
風もあり、野外の展示は手間でしたが
とても気持ちよかったです

みなさんも週末は
今年の桜、花見をされましたか?

LINEで送る
Pocket

染まらぬ液で染めをする その2

前回からの続きです

「染まらぬ液」に還元剤を入れてから一晩程放置しました。
液面、変化なしで一度撹拌した直後の液です

元気がないみたいだけど、何となく青い色味が有り、で染めてみました

なんとなく藍の色味を感じられるものの、藍には染まっていません。。。

おかしいなぁ。。。
どういう事なんだろう。。

少し意地になって、溶解剤と還元剤を多量に入れてみました
目に見える変化が無く、少量を容器に移しどのくらい入れれば
液が染まるのか実験してみたんですね。

結果はいくら混ぜても変化なし。
おかしい。。。。
醗酵建てに失敗したとしても
化学建ては可能なハズ

この液は何で還元されない??
藍に染まらないんだろう。。。

ここから先は、もしかしたら?の仮定でしかありません

すくもを用い醗酵させた液は、おそらく長く使っても
半年もすると処分して次の仕込みを準備すると思います。

◯自分は約一年、染まらぬ液を撹拌してきました。
 もしかしたら、こんなに時間が経過すると
 インジカン/インジゴも他の物質に変化してしまったのかもしれません。
 (これを醗酵というのか、腐敗というのか何と言えばいいのかわかりませんが)

◯この液を「すくも」を原料に藍に染まらない液、とするならば
 この液こそが、本藍(すくも)成分のキモになる部分で
 <コレも他の物質に変化していなかったら、の話しですが>
 この液で下染めして、インジゴピュアで染めれば、天然藍(すくも)と
 同じ様な色に染まるのか?

◯めちゃくちゃな発想ですが
 「すくも」を使った草木染めは可能か?
  媒染剤で現状の茶褐色に染まるのか

こんな事をした藍染屋が今迄存在するのかわかりませんが
この液で染色を試みたり、臭いをかいだり、なめたり、
全身全霊で感じ取って、こんな事を考えてしまいました。

この続きは、試してみたらまた
ブログで紹介します

LINEで送る
Pocket