タペストリー『 渦 』

タペストリー『渦』
タペストリー『 渦 』
の紹介ページをつくりました。
この作品は 多摩美術大学 染織デザイン科の卒業制作
で1995年に制作したものです。
ずっと丸められた状態だったのですが、昨年の金沢文庫芸術祭の
ステージ装飾として数12年ぶりに光を浴びました。
たくさんの方から
「どうやって創ったんですか?」
と尋ねられ説明をしていたのですが、うまくお伝えできませんでした。データやファイルの整理をしていたら、忘れていた制作時の資料が出てきましたので、紹介ページとして改めてまとめたものを掲載しました。

資料を見ていたら、
いろいろな事を思い出しました。
以下、せっかくなのでコチラでも補足+αを少々。。。

1995年当時、オートバイでツーリングしながら
各地の染織工房に自分の制作ファイルを持って
訪ね回っていました。どこか気に入った工房を見つけ
染色職人として働きたいと思っていました。
各地を見て回るうちに、だんだん失望してしまいました。
当時は「みやげもの」と「着物」を創っている工房がほとんどでした。(現在は魅力的な工房はたくさんあると思いますが。。)
そんな中、北海道で出会った優佳良織や
アイヌ民族の工芸品は美しく力強い印象を受けました
自分の頭の中では、現代とズレた職人的意識への決別や
『渦巻く文様の圧倒的な力』への畏怖や敬意、
当時、圧倒的な影響を受けた作品、音楽たち
(村上龍「5分後の世界」、ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、HEATWAVE山口洋、エレファントカシマシ、の文章/言葉/音楽などなど)
それからバイクで各地を走っている時に感じた
いろいろな思いを込めて『 渦 』を制作しました。

『 渦 』は多摩美 染織デザイン科の卒業制作だったのですが
第2回 東京デザインセンター新人賞にノミネートされるも
受賞を逃し、とてもニガイ思いを経験しました。
悔しくて、授賞式に参加し審査員方に
受賞出来なかった理由を尋ねました。
ある方から「君のそんな真面目さが作品の弱さだ」
といったコトバをいただき、帰りの五反田駅のホームで感じた
悔しさの感情は今でも重たく自分に染み付いています。。。

さて、いろいろと書いてしまいましたが
金沢文庫芸術祭という、すばらしい会場で
『 渦 』が光と潮風と緑の中
踊りや音楽や歓声と一緒に揺れている姿は
本当に嬉しい光景でした。それを美しく感じて頂けた感想をいただき、うれしいかぎりです。

エネルギーを集めて、微塵の後悔ない様作品に注ぎ込む事
それをキッチリと、第三者にお伝え出来る様にアピールする事
そんな大切な事を、今回の紹介ページを創りながら
改めて感じました。

LINEで送る
Pocket

フラッグ試作染め!

今まで出展者として金沢文庫芸術祭に参加してきましたが、
あまりにも魅力的で楽しい企画があるので
今年からボランティアスタッフに入れていただきました。
企画/運営等のミーティングに参加しています
今年は9月20日に1dayイベント予定で
今から準備がはじまっています
フラッグ試作染め-1
これはワークショップで竹を使った旗と楽器を組み合わせた
「リズムフラッグ」作りの試作で
フラッグサンプルを染めてみました!
当日、子供達が楽しく生地を染めて
それでリズムフラッグ(楽器のような旗)を作り
みんなでパレートしよう!という
考えただけで楽しくなっちゃう!企画の
染色をどうするかサンプル制作をしています。
フラッグ試作そめ-2
フラッグ試作染め-3
自然にやさしく、薬品や火を使わず、子供達でも
短時間で染めが出来る方法。。。
かなり制約があります。
最初に土顔料で染めてみたのですが、
色合いが鈍く、もっと楽しい鮮やかな色彩を!
という事でカラーインクでダイダイ染めの様な
イメージ重視サンプルを染めてみました
思わず、「うっ!たのしいな~!」
これ、子供たちと海の公園の
太陽の下で染めたら面白いです!
現実的にはしっかり染色していないのですが
このイメージで実現に向けて準備進めていきます
ちょっと先の日程ですが
9月20日の金沢文庫芸術祭
1dayイベント楽しみにしてください!
PS 金沢区役所で行われました
藍染/草木染展示会 無事終了しました。
たくさんの皆様にお越しいただき
ありがとうございました。
先日紹介した、泥亀公園の「西湖梅」も
見事に花を咲かせています。

LINEで送る
Pocket

絹ショール『アメフラシ染』完成!?

アメフラシから採取した液で染色した
絹ショール染め上がりました。
むむむ。。。無念!染め上がりは
かなり薄くなってしまいました。
絹ショール『アメフラシ染』
3回液に浸し一度乾燥後
ミョウバンの媒染液につけ乾燥
しっかり水洗いの後
仕上げ加工をして染め上げました。
(きちんと染まっているのか心配です)
藍染めの生地においてみましたが
かなり薄い紫味のベージュです。
上品な色合いですが採取した時の
あの鮮やかさはなくなってしまいました。
やはり『アメフラシ』での染色は
難しいのかもしれません。
山の草木で染めができるので
海の幸でも染めができないものか、と
思ったのですが、塩分が多い魚貝類は
染めに向かないのかもしれませんね。
今回はもしかしたら!のドキドキに始まり
寒さに振るえながらのワクワクだったのですが
最後はシクシクのしょっぱい結果となりました。
うむ。再チャレンジすべきか。。

LINEで送る
Pocket

『アメフラシ』染めにチャレンジ!!その2

海から戻ると染め作業場へ
『アメフラシ』より採取した紫色の液体は
海藻や砂や他、どろどろヌルヌルなので
不純物を取り除き、
なるべくきれいな上澄みだけに。
アメフラシ『紫色の液体』その2
そのなかに絹のショールを浸してみました
う!きれいに染まってるのかな?
ドキドキの一瞬
アメフラシ『紫色の液体』で染色!
少しムラになりつつも
ショールに染まっていくようです
なんとも鮮やかな紫色!!
この一瞬は身体が振るえてきます!
磯の香りいっぱいで
魚料理の下処理をしてる様ですが
どうやら染まっているのでもうひとつ、
還元染めにチャレンジしてみました。
これで染まれば『貝紫』と同じ成分の可能性が
高くなるのですが。
ドキドキでショールを液の中へ。
ゆっくり動かして空気に触れさせると
真っ白。。。。。
え~全然染まんないじゃん。。。
還元染めでは染まりませんでした。
とりあえず、染まったショールは
乾かして様子を見てみます。
染めてる時の色がそのまま定着すれば
良いのですが。。

LINEで送る
Pocket

『アメフラシ』染めにチャレンジ!!

その後『アメフラシ』の紫色の液体が
気になって気になって。。
染料店や染色試験場等に問い合わせて
『アメフラシ』に関する情報を集めまくりました!
10年以上も前に専門誌に掲載された記事を入手したのですが
特にマニュアルもないので、とりあえず自分も試してみました。
アメフラシ『紫色の液体』
肌寒い潮風が吹く波打ち際で、
アメフラシ君より紫色の液体を採取。
う~。。。!!!
これが思ったよりも大変な作業。。
『アメフラシ』って、よーく見ると
とっても不思議なカタチで、ちょっと、、キモチ悪い。。
グロテクスで重さといい、質感といい、
何と表現してよいのやら。。
つつくと紫色の液体が出てくるのですが、
それがネバネバの
鼻水まじりの鼻血の様な、体液の様なもので
磯の香りがプンプンなのです。
まあ、アメフラシ君にしてみれば
身の危険を感じて出すものなので
いい迷惑なのでしょう。。
『ごめんね~、ちょっといただきます』
とつぶやきながら、約10個から液をいただき
その後は海に戻しておきました。
とりあえず、寒さに振るえながら
染めができそうな量を確保したので
さっそくチャレンジしてみます!

LINEで送る
Pocket