多摩美神奈川支部展11/10迄開催中

多摩美術大学校友会 神奈川支部展「BIRTHPLACE ART 2019」
FEI ART MUSEUM YOKOHAMAにて開催しました。

多摩美術大学校友会 神奈川支部展「BIRTHPLACE ART 2019」
FEI ART MUSEUM YOKOHAMAにて開催しました。

今年も油、日本が、彫刻、陶芸などなど年代、ジャンル様々な作品が出展されています。この会場に来ると、一年経つのがあっという間に感じます。

後列左より、紫扇藤美さん、紫扇正美さん、紫扇翠鳳さん、紫扇小冨美先生、紫扇章太郎さん、前列、紫扇櫻舟さん、そして染裕/スギトです。


初日、今回の出展写真/被写体の「紫扇流」皆様に来場頂きました。
紫扇流皆様にも悦んでいただき、大変うれしく思っています。

いつもの会館やお稽古場とは違う、広いギャラリーの空間で様々な作品の中、
みなさんの舞踊写真を飾ると、いつもと違った趣があって
撮影側としては、なかなかの見ごたえを感じています。

横浜駅西口から徒歩6分程、鶴屋町交差点角にあるギャラリー
FEI ART MUSEUM YOKOHAMA にて11/10(日)迄開催しています。



ちょうど同じ時期にもう一つの会場
関内の画廊「楽」でもYOKOHAMA多摩美展開催しています。

alta festa 2019 YOKOHAMA
日時:令和元年11月4日(月)~10日(日) 11:00~18:00
   (初日は13:00~、最終日は16:00迄)
場所:>横浜市中区翁町1-3 小原ビル1F 画廊 楽 TEL:045-681-7255

こちらの会場も、お近くにお越しの際はよろしくお願いします。


LINEで送る
Pocket

多摩美 神奈川支部展のお知らせ

今年も多摩美/神奈川支部展に参加します。

この一年、
染めよりも写真/舞踊撮影での活動がメインになってしまったので
今回は舞踊写真を展示することにしました。

舞踊写真を撮影はじめたキッカケは「不思議なご縁で繋がって」
としか説明できないのですが、
数年前、紫扇流の家元、紫扇小冨美先生の舞台を拝見してから
いろいろと交流させて頂き、撮影もご依頼頂くようになりました。
今年は萩乃会、川崎舞踊会、花の会、みなづき会、寿月会、と5回の舞踊会を撮影、その中からピックアップした紫扇流の6点の四切写真を展示します。

スライドショーには JavaScript が必要です。

流れる時間、舞台の照明、装飾、音楽、
そして演者の動き姿、佇まい、その世界観を
静止画(写真)から脳内で再生することができないか、をコンセプトに
展示会用にアレンジしたプリントです。

舞台を拝見した初めの頃、
何だろう、この「タイムトリップ感」と既に「知っている何かを思い出した感」。
舞台での動きを追っかけるだけで精一杯でした。

撮影しながら「すごいなぁ、、、」
拍手するタイミングも逃し見惚れてしまうことが何回もあって。

5分くらいの舞台の中に映画一本分くらいの情報と充実感があって、
やっぱり「日本人の美意識」なんだろうな、この味わいって。

いつもの藍染とは異なる展示ですが、
染めも写真も染裕が感じる「美しさ」を
染め付ける・焼き付ける感じは同じハートから生まれています。

舞踊の世界観を少しでも感じていただければと思っています。


会  期:2019年11月4日(月)~10日(日)
開場時間:10:00~19:00(初日は12:00から/最終日は17:00まで)BIRTHPLACE ART 2019 多摩美術大学校友会 神奈川支部展
会場:FEI ART MUSEUM YOKOHAMA(フェイアートミュージアムヨコハマ)
住所:〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2横浜鶴屋町ビル1F
料金:入場無料
月曜日~日曜日 10:00~19:00 初日:12:00〜 最終日:17:00迄
TEL : 045-411-5031

この度、フェイ アートミュージアム ヨコハマでは、11月4日(月)より「BIRTHPLACE ART 2019-Tama Art University in Kanagawa-」 を開催いたします。1995年11月、多摩美術大学創立60周年を機に設立された多摩美術大学校友会の神奈川支部。 卒業後、絵画に彫刻、陶やテキスタイルなど、多種多様な表現手法によって制作活動をつづける神奈川県在住、在勤、出身の作家が 学科や世代を超えて集まります。近年、若手作家の会員も増え、多摩美の自由な校風を反映するように作家同士が芸術に関し 忌憚のない意見交換が出来る場を目指した展覧会となっております。


期間中、11/4(月)祝日の午後、9(土)は終日、会場にいる予定です。
毎年準備がギリギリなんですが、今年は事前に告知できました。

多摩美術大学を卒業した神奈川県支部のメンバーが集まります、
お近くにお越しの際は、是非ご覧いただきたく
皆さんと会場でお会いできるのを楽しみにしています。

LINEで送る
Pocket

第21回金沢文庫芸術祭 オープニングフェスありがとうございました。

2019/09/15(日)金沢文庫芸術祭オープニングフェスティバル/横浜海の公園 アートブース86

事前告知、ほとんど出来なかったのですが、
第19回 金沢文庫芸術祭オープニングフェスティバルに参加しました。
文庫芸祭は2年ぶりの出店。
昨年探していただいたお客さん、たくさんいらっしゃったようで、
すみませんでした。

忘れないうちに、ほとんど忘備録ですが書き留めておきます。

オープニング、メインステージにて
主催者の浅葉先生(CANDY)のスピーチで、文庫芸祭では先住民族の叡智を取り上げてきて、「虹の戦士」という概念?思想があって、
(この辺の下りは是非ググって理解ください)
戦士の中には「soldier」ソルジャーと「worrior」ウォーリアーがある。二つの似て非なる違いは、ソルジャーは命令に従う戦士、ウォーリアーは自分から見つけ自らの意思で挑んでいく戦士。文庫芸祭の活動を通じ、ウォーリアーが増えてきた実感がある。そんな話があって、祈りの言葉をスピーチする瞬間、
ああっ、何か大きな精神とでもいうのかなぁ、繋がってる感を、風や光の中に感じる瞬間がありました。

実行委員の弾さんの「出来るか/出来ないか、ではなく、やるか/やらないか」
一晩でステージ脇の花のオブジェを制作したスタッフを例に、
これが文庫芸祭のスピリッツなんだなぁ、と。
オープニングで改めて実感してしまいました。

聞き間違いあったらごめんなさい、なんですが
確か、はじめて文庫芸祭に参加した時と同じだ。この感じ。

———
うまく言葉にできないので、こっから先は
お客さんとの会話を自分用に箇条書きで。

・染裕の問い合わせフォーム
最近迷惑なメールが多くて、承認セキュリティー厳しく設定しようと途中で使えない状態です。近日中に直しておきますね。本当にすみません。

・メンズサイズ 在庫少なくてすみません。
 M〜Lサイズでランダムな絞りで生地白も残った柄、来年用意しときます。

・五本指靴下、レディースサイズやっぱり欲しいですね。
 今年はかかと無/有でリーズナブル展開したんですが、検討します。

・手袋。
 軍手がおすすめなんですが、ご婦人方には使いにくいですね。
 薄手の日焼け止めに使えるの、探してみます。

・手ぬぐい
 こちらもバリエーション増やしますね、リクエスト多かったです。

どこまで来年準備出来るかなぁ、とにかくここに残しておけば忘れませんので。
それから、個別で注文頂いたもの、後日連絡しますの件、これは別枠で記録してますので楽しみにお待ちください。

今年も「本物の藍染ですか?」って質問と、
「藍染って高いですね」って感想を頂き、しばしフリーズ。
「本物です」と迷わず即答したいけど、逆に「本物って何ですか?」
高い安いって、何が基準?
今回Tシャツ3000円程度から設定してたけど、それでも高いか。
この質問が出ないくらいのブランド?アイデンティティ?
圧倒的な存在に染裕なりたいっす。

なんか愚痴っぽくてすみません。
みなさんと話したこと、結構忘れられなくて。
特に最近は染め以外の仕事の方が忙しくて、考える時間の方が多いので余計に。
これからも考え続けます。本物の藍染と値段のバランス。

天気が心配されましたが、午前中は暑すぎくらいの好天気に恵まれ、
楽しい1日となりました。
テンコクラブの歌声と、夕方終わり近くのステージ見れなかったのが残念でしたが久しぶりに会う面々、みなさんと会えて楽しかったです。
ありがとうございました。

 

LINEで送る
Pocket