思い出のスケッチブック 大学から社会人まで

前回からの続きで
処分することにしたスケッチブック約40冊
の美大時代から社会人のはじめごろ頃までの
思わず写真に残しておいたシリーズです。

この頃は、こんなスケッチというか、いたずら描くというか、そんなオンパレード。たぶん魚をモチーフにしたデザインの製作中だったのかな。

よく「落描きセッション」と題して
友達と語りながら何かテーマを決めてスケッチブックに殴り描きセッションしてました、。たぶんその頃のです。もう忘れちゃったなぁ、誰と何話してたんだろう。

これはTobbyの木版だ。大学2年の頃の課題で製作
確か文化祭の時、桃屋のチケットにしたマークじゃないかな、なつかしいなぁ。

鳥のスケッチ

誰を描いたんだろう

確か平山郁夫さんの模写じゃないかな?

当時よく聴いてたSIONだ。

あれ、確か夏休みに描いたんだよなぁ、寒い夏。
ミスチルの「君がいた夏」の頃だと思う。

こっからはコラージュとか、切り抜きのページ
Jリーグ開幕の頃だなぁ、何か調べて発表したんだよね

1992年8月 「時間がないとかカネがかかるとか、逃げを言う人には会いたくないな。やる気さえあれば苦にならないの」

21回目の夏は去り 22回目の夏が来た
当時読んだ本や、友人からの言葉と、その時目に入ったいろいろMix

悪意のある理解よりは、好意的な誤解のほうが素晴らしいね

雑誌のスクラップ
ほとんど「POPEYE」だなぁ

大人になったら、こんなオシャレなモデルたちのスタイル憧れてました。

ファッション雑誌がパワー持ってた頃だなぁ。

卒業製作の「渦」というタペストリーを製作していた頃

いろんな思いがグルグルとしてます。
このころのスケッチブックは、眺めていると内容が濃くて
残しておきたい気持ちが大きかったけど、思い切って処分してしまいました。

ここからは、社会人になった頃
このあたりから、スケッチより文字が多くなって
最近は、、ほとんど文字で埋め尽くされてしまうページばかりです。

社会人1年目。苦悩の日々。

スケッチブックとペンや色鉛筆があれば何か手を動かしてた

なっつかしいなぁ〜、入社同期のみんなじゃん
元気にしてるかなぁ。

紙くずだらけになりながら、紙と金属に分別して思い出のスケッチブックを処分しました。当時のPCデータ、MOも処分したんだけど、これだけ時間が経過するとPCの互換性や読み込むのにすっごく時間が必要で、電子データよりもスケッチブックに描き止めたカタチの方が、脳味噌の中にあるイメージ喚起力が強くて懐かしすぎでした。忘れてても思い出すんじゃん、見れば。

つづいて、デッザンや着彩などなどシリーズへ続きます。

LINEで送る
Pocket

「手ぬぐい」の新作染まる

ちょっとした偶然がきっかけで
来月から開催される「手ぬぐい展」に参加予定です。
せっかくなので、今迄に染めた手ぬぐいをブラッシュアップした
新作を染めてみました。

somehiro-20160626-01
左から、クローバー(四葉探し)、コンペイトウ、ビー玉、キンギョ。
それぞれ藍の薄色と濃色を染めてみました。
前回よりもキレイに染上がりました。

筒描と型染(ステンシル)の応用染めです。
藍で染めるまえは、こんな感じで色づけしてました。
こうみると、、藍で染めない方が爽やかだったかなぁ。。
somehiro-20160626-05

久しぶりに手ぬぐいを染めながら、いろいろと思う事有り。。

なんとなく、予定通り染まったんですが、、
予定通りだとつまらなくて、、
ああだ、こうだ、、を考えながら。。

somehiro-20160626-04

スケッチブックに描いていた女性のイラスト。

最近のいろいろを理想の女性に集約させて、
モディリアーニのタッチをイメージして描いては消し、描き足してを
数日繰り返していたのですが、
これ以上、手が動かなくなっていました。
そんな彼女を眺めていたら。。

僕の頭の中の
「岡本太郎的意識」や「モディリアーニ的意識」やこの女性
アドリアナというか、キキというか、ジャンヌというか、が

岡:「染裕さぁ、そんな予定調和ばかりで満足していいの?」
モ:「君の憧れはそんなんじゃないだろう??」
ア:「私を描きたいんならさ、描いては消してを繰り返してないでさぁ、
手ぬぐいに筒描で、下書き無しで挑んでよ。」
岡:「うまく描こうなんて考えるな、今をぶつけなきゃ」

そんな声が頭をグルグル駆け回ってしまい、わかったよ。
下書き無しで一発勝負しましょう!

somehiro-20160626-02

その場の勢いで制作したのがこの3枚の彼女達です。
スケッチブックの彼女と、少しづつちがうのですが、
数ミリのラインの違いが全く別人に変わるんですね。

somehiro-20160626-06

なんとも愛おしい手ぬぐいの彼女たち。

思いつきで額に入れてみました。
さてさて、この手ぬぐいの彼女たち、展示出来るのかわかりませんが
来月からの「手ぬぐい展」準備しています。

詳細決まりましたら、改めてお知らせ致します。

LINEで送る
Pocket

桜咲く季節に#03

somehiro-2016-04-10-08

桜散りはじめの公園で
杖を持つ老人と
その半歩前を連添う人とすれ違う

老人と目が会った瞬間
死期が近い事が伝わる
今年が最後の桜。

目線は僕に向いているけど
見ている世界はこの世界ではないらしい

老人に
この桜は見えていたのだろうか

somehiro-2016-04-10-07

桜の花びらを踏みしめて歩きながら
誰もが死に向かっている事を
再認識する

長くは留まれないし
多くは忘れてしまうけれども
大切な思い出は残るのか?

20年前の
学生時代のスケッチブックを眺めていたら
今日の出来事とシンクロするコラージュを見つけた

20年前には
見れなかった世界を感じ
大切な思い出も増えていけるなら
年を取るのも悪くはない。

LINEで送る
Pocket

マチルダさんの事 ガンダムより

somehiro-20160228
撮り溜めた再放送中のガンダムより
マチルダさんが補給部隊に入った理由を知り
改めて奥深い世界観を感じる

「戦争という破壊の中でただひとつ、物を作っていく事ができるから、
かしらね」

「戦いって破壊だけ、人間ってそれだけでは生きていられないと私には思えたからよ」

LINEで送る
Pocket