軍手を染める


今年も手ぶくろ、軍手を染めました。
毎年、この季節になると軍手を染めたくなるのですが
やっぱり染めていて気持ちがいいです。

こちらはサイズ小さめのレディースモデル。
濃色、藍色、絞柄有りの3タイプ

こっちはメンズサイズ、マチ付き(手首長め)
同じく、濃色、藍色、絞柄有りの3タイプです。

軍手を染め始めたのは多分、10年くらい前
ホームセンターで糸の撚糸が弱くて生成りの軍手を見つけ
ああっ、何て染めに魅力的な素材だろう、、
思わず買い求めて染めたのがキッカケ。

それから、毎年12月になると
少しづつアレンジしたり
素材を変えて軍手を染めています。
やっぱり軍手って
とっても染めに向いていて
染めて良し、使って良し!です。

年末の時期なので、
お世話になった方々やお客様へのプレゼント品にする事が多く
自分も使いながら色々アレンジしてます。

どうしても軍手だと
使い捨てイメージがあるのですが、、、
藍染軍手は是非是非、
使い込んで、独特にやつれていく
独特の風合いを楽しんで頂きたいのです。

使い込むと破れて穴があくんですが、
そんな時は是非
指先をカットしてさらに使っていただきたい。

これ、通勤で使っている軍手なんですが
本を読むにもスマホ操作するにもいい感じ!

やっぱり藍の良さって、肌に触れる方が感じられやすくて
五本指靴下、軍手、手ぬぐいやショール
これらが日常使いではベストです。

使っていると、独特のザラザラした感じや
使い込むとやつれていく風合いの見た目の色合いもグッドで
他のを使いたくなくなりますよ。

染めはコスパ優先でインディゴピュアを使っています。
インディゴを使うと、、、
「偽物」とおっしゃる方もいるのですが
インディゴの魅力を感じてまして、
日常使いに適していると思っています。

インディゴで染めた製品を「藍染」と言うと
語弊が生じそうなので別の言葉や表現が必要になりそうですが
この辺に関しては長い説明が必要なのでまた改めて書きます。

とにかく、この軍手染め
染裕自信をもっておすすめします。

藍染が庶民の生活に密接にあった頃も
日常生活の中で使われ、ボロになり
最後は暮らしの中で消耗されていったんだと思います。

藍色の発色や肌触りでは絹素材にかなわないけど
普段使いのものなら、ゆるく撚糸され
おもいっきり藍を吸い込む綿が最適で
軍手素材は藍染に最高なんです。

軍手なんて使い捨てじゃん、なんて言わずに
是非是非使い込んでみてほしいのです。

と言うことで
今年も染まりたての軍手を持って
裏山の紅葉した葉っぱを背景に撮影してみました。

ハレーションを起こしそうな色合いですね
ドウダンツツジの紅葉がお見事です

昨年撮影してカエデを同じように撮影したかったのですが
今年はちょっと時期が早かったかな?まだ落ち葉にはなっていませんでした。

ちなみに↓こちらが昨年モデルです

寒さが増すコレからの季節
手先が暖かいと心の奥も暖かく感じます。

手先が藍染で守られてるとなにか独特の良さがあるんです。

藍の無地も良いですが、ワンポイント絞りがあると
魅力が引き立つようです。

今年は少し多めに染めたので、
日頃グログを見て頂いている方々にもプレゼント致します。

こちらのバナークリックいただくと応募ページにリンクしますので
ご希望の方は是非、ご応募下さい。

皆様からのご応募おまちしております!

LINEで送る
Pocket