月のブルー 太陽のブルー イメージソース

制作中のれん
「月のブルー」と「太陽のブルー」
頭の中をグルグルと駆け回ってるイメージソースを
消えてしまわないうちに書き留めておきます。


もう20年近く前に購入した
CDアルバムの1曲目に入っていた
インストゥルメンタル、
ヨーロッパ映画のオープニングみたいな曲。
なぜか最近、頭の中で鳴りだして
ああ、この曲のタイトルは何だっけ?
なんて思い出して探したら
「月のウサギ、太陽のカラス」
ああ、そんなタイトルなんだ。。
☆★
さらに頭の中で鳴り響きながら。。。
たぶん15年前位に前に
一人で旅していた時の風景がイメージで浮かび上がりました。
確かフランスのリヨンという町だったと思うけど
夕暮れ時で石畳を歩いていると大きな広場に出て
そこにはメリーゴーランドがありました。
わぁ、こんなところにメリーゴーランドなんて
ビックリだなぁ。。。と思っていると
明かりが灯って廻りだして、
美しさにしばらく見とれてしまいました。
☆★☆
もう、随分と昔の記憶なので
曖昧で、もしかした空想もプラスされてるかも。。
僕の頭の中では、何か強烈なイメージとして
「月のウサギ、太陽のカラス」というタイトルの曲と
昔旅した一場面の記憶が一緒になって
スイッチがオンされたんですね。
何だろう、この感じは
ああ、僕はこういった心の奥から湧出てくる
強烈な思いを藍染で染めあげたい。
そんな風に思うようになって
今までスケッチブックに描いていたラフイメージとちょっと違う
心の奥にあるイメージをカタチに出来ないかって描き始めました。

「世界の果ての時計台は休むことなく軋んでる」
「真っ赤なブルーだ」
「心臓は燃えている」
 
  − 月の光の音 − 
 ~抑圧と緩和~
 ※キラキラ輝く※
 □心のストライクど真ん中□
 ☆夜が深く長い時を超えて☆
そんなコトバ達がイメージの輪郭を
はっきりとさせていき、、、
あと、誰かに言われた言葉が心の中で引っ掛かって
そんな事はどうでもいいんだけれど
ああ、僕は職人になれなかった人間なので
「藍染職人」と括られる事に耐えられないものがあって、、
職人には染められない染めを目指したいと
そんな事を考えながらイメージしていました。

染めって写真(暗室仕事)に似ていて
今じゃフィルムカメラも持っていないけれど
大学時代、光画部という写真サークルに入っていて
何度か暗室仕事をしたんだけれど
染まれと念じて息を止める
あの感じ。
イメージを固める時も
実際に染める時も
念じています。
さて、自分でも何を書き留めているのか
意味不明になってきましたが
夢からさめて、消えてしまわないうちに
今の頭の中を残しておきます。

昨年ののれん制作から、いろんなイメージがひらけて
今までの染めとは違う、と思っています。
 
LINEで送る
Pocket

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください