染まらぬ液で染めをする その2

前回からの続きです

「染まらぬ液」に還元剤を入れてから一晩程放置しました。
液面、変化なしで一度撹拌した直後の液です

元気がないみたいだけど、何となく青い色味が有り、で染めてみました

なんとなく藍の色味を感じられるものの、藍には染まっていません。。。

おかしいなぁ。。。
どういう事なんだろう。。

少し意地になって、溶解剤と還元剤を多量に入れてみました
目に見える変化が無く、少量を容器に移しどのくらい入れれば
液が染まるのか実験してみたんですね。

結果はいくら混ぜても変化なし。
おかしい。。。。
醗酵建てに失敗したとしても
化学建ては可能なハズ

この液は何で還元されない??
藍に染まらないんだろう。。。

ここから先は、もしかしたら?の仮定でしかありません

すくもを用い醗酵させた液は、おそらく長く使っても
半年もすると処分して次の仕込みを準備すると思います。

◯自分は約一年、染まらぬ液を撹拌してきました。
 もしかしたら、こんなに時間が経過すると
 インジカン/インジゴも他の物質に変化してしまったのかもしれません。
 (これを醗酵というのか、腐敗というのか何と言えばいいのかわかりませんが)

◯この液を「すくも」を原料に藍に染まらない液、とするならば
 この液こそが、本藍(すくも)成分のキモになる部分で
 <コレも他の物質に変化していなかったら、の話しですが>
 この液で下染めして、インジゴピュアで染めれば、天然藍(すくも)と
 同じ様な色に染まるのか?

◯めちゃくちゃな発想ですが
 「すくも」を使った草木染めは可能か?
  媒染剤で現状の茶褐色に染まるのか

こんな事をした藍染屋が今迄存在するのかわかりませんが
この液で染色を試みたり、臭いをかいだり、なめたり、
全身全霊で感じ取って、こんな事を考えてしまいました。

この続きは、試してみたらまた
ブログで紹介します

LINEで送る
Pocket

染まらぬ液で染めをする

 

ちょっと藍染をする者としては葬り去りたい事なんですが、
いつの日か貴重な出来事だったと思い返せる様
ここに書き留めておきます。

原料に「すくも」を用い、天然灰汁醗酵建での藍染を試みて
昨年の5月22日に仕込みをしました。大変手間のかかる染めなのですが
時間をかければ染まる液が準備できるだろうなぁ~程の考えで
以前経験した染めを思い出しつつ、出来る材料を揃えれました。

通常ならば(この通常ならば、も正確には以前の経験ならば)
一週間から10日ほどで液が建ち上がる(染色可能になる)のですが
なかなか思い描いた液にはなりませんでした。
今、ブログをさかのぼると 幾つかの重大な過ちをして
何回かのタイミングを逃してしまっている様です。

結局、約2ヶ月経過した昨年7月26日にこの液での染めを諦めたのですが
その後、どうしていたかというと。。。。
諦められず、いつか染まる液になるんじゃないか?という思いと
この液を処分出来ずに(もったいないという思い)、
実は今日迄、一日1回撹拌(液を混ぜ続けて)してきました。

手間の作業だったのですがなんとなく処分の踏ん切りもつかず
正直に告白すると、撹拌を忘れた日もあるのですが
冬場は温度管理もしていなかったので、2日おき位には混ぜてきました。

ここ数日、寒い日もあったのですが
「液」が異臭を放つようになり、このままでは
いい加減まずいぞ。。(近所迷惑です、この臭いは。。)

先日の体験染めで、用意した「藍の液」を
『牛舎の臭い』と表現された方がいらしたのですが
この液はその臭いを通り越えた、腐敗臭です。
(イメージでは昔あった汲取式のそれの臭いです)

※ ちなみに体験染めの液は天然藍と化学藍をブレンドした
  染裕のオリジナルを準備しました。
  もっと詳しく説明すると、「大和藍」をベースにした液です

写真は撹拌後の液の状態です。
藍に染まる気配すらないですね。

臭いのキツい液だったのですが
自分で染めて着て試してみようとロンTを液の中に入れてみました

予想どおり、藍には染まりませんがすごい色になりました。
すくもの腐葉土としての色素の色
といってもいいのでしょうか。。。

この液は耐えられない臭いですが
鼻がなれてくると、だんだん臭さのなかに甘みも感じられる
不思議な臭いになってきました。

自分ではじめた事は、自分で終わらせないといけない事を改めて感じました。

「藍の液」でも「人とモノ」でも「人と人」の関係でも
誤ったり、こじらせたり、タイミングを逃すとこの液の様な状態になり、
元は自分で招いた事。

この液を握りしめながら、今の自分を置き換えてしまいました

腐敗臭を体全身で感じながら、
還元剤を入れて、強制的に染めを試みます。

ちょっと込入った事を書き留めますが
自分の考えでは、醗酵で還元はしなかったものの
すくもに含まれていたインジカンはまだ液の中に含まれ
ているハズだから
溶解/還元させればすくもに含まれていた色素で染色が可能だろうと。

長くなるので次に続きます。

LINEで送る
Pocket

天然灰汁発酵建藍染-仕込み84日目

仕込み84日目
仕込み84日目
この液での染めは
あきらめているのですが
最後迄どうなるのか、興味本位で
撹拌を続けています。
一週間前にダメもとで
日本酒(生酒)とブドウ糖、食パンを
入れてみました。
暑さも手伝ってか、今迄にない勢いで
発酵している様です
これで華の中(泡の中)に青い色素(インディゴ)が
存在してくれればよいのですが、
現状はただの発酵の様です

LINEで送る
Pocket

天然灰汁発酵建藍染-仕込み66日目

仕込み66日目
仕込み66日目
約2ヶ月、毎日撹拌してきましたが
今の液がどのような状態なのか
自分では理解できなくなりました。
本当に考えが甘く
天然灰汁発酵建での藍染依頼を
受けていた皆様、申し訳ありません。
近日中個別にご連絡さしあげます。
こうなったら最後はどうなるか
撹拌を続けますが染めのご依頼品は
天然藍の還元染めでのお届けで
ご相談させてください。

LINEで送る
Pocket

天然灰汁発酵建藍染-仕込み53日目

仕込み53日目
天然灰汁発酵建藍染-仕込み53日目
ph12.6
もう発酵は無理と
あきらめて還元させる事を
考えていましたが
まだ腐敗ではなさそうなので
もう少し様子を見てみます。
灰汁上げ後、撹拌を1日一回にしていたのですが
臭いが強烈なので、液面を見ながら
1日数回に増やしてみます

LINEで送る
Pocket