思い出のデッサン&着彩

前回、前々回からの続きで処分することにしたシリーズ
積み上げた高校生の頃、美術大学受験、美大と製作した
デッサン&着彩、色彩構成などなど、画用紙の束が45cm位はあったかな

なるべく古い順に

高校時代の美術の授業でポスター製作の課題だったのかな?
詳しく覚えていないけど「太宰治」好きだったのは確かで
蟹田町まで行って愕然とした覚えがある。

これは高校時代の美術の自由課題だ
当時見た映画や読んだ本に影響されまくってる

美大受験で石膏デッサンや静物画、たくさん描きました。
はじめの頃のデッサン、下手くそだけど眺めてると当時が懐かしい
今、こんなデッサン描くパワーあるかなぁ

講評会で言われたアドバイス、当時は理解できなかったけど
今ならよくわかります。床が描けていないとか、質感が甘いとか、描きこみが足りないとか。

美大受験の為だけの訓練ととらえると
ちょっともったいない

当時は受験に受かる為に描いていたけど
今、眺めると
確かにデッサンは正確な方がいいし、確かな技術は持っていた方がいいけど

少し技術的に甘くても
味がある絵の方が、眺めていて楽しい。と思う。

ポスターカラーを一生懸命に溶いて
ムラなく塗る練習をしたけど、今見ても
丁寧な仕事だと良い印象受けるなぁ。

PCが無いあの時代
よく製作してたと、改めて思う。

デッサンにしても、色彩構成にしても
あの頃の訓練が、今でも役に立ってると思う。
物の見方と表現の訓練だったんだって。

マチスからインスパイアされて

2浪の頃だ。

「音」をモチーフにした製作
ハマスタの歓声からイメージ

僕の受験した多摩美の
当時、染織デザインはなんといっても「花」のデッサン

当時もたくさん描いたし
入学してからも盛んに言われました
デッサンが基本と。

今でもこれくらいは描けるかな
たまには「花」を描いてみようかな

みんな取っておいたけど
処分するタイミングが訪れたようで
最後に懐かしく眺め、何点かは写真に残し、
何点かは棄てる事ができずカルトンにしまいましたが
ほとんど、処分してしまいました。

ぽっかりと空いたスペース
まだキレイに片付きませんが
すっきりとしました。

LINEで送る
Pocket

思い出のスケッチブック 大学から社会人まで

前回からの続きで
処分することにしたスケッチブック約40冊
の美大時代から社会人のはじめごろ頃までの
思わず写真に残しておいたシリーズです。

この頃は、こんなスケッチというか、いたずら描くというか、そんなオンパレード。たぶん魚をモチーフにしたデザインの製作中だったのかな。

よく「落描きセッション」と題して
友達と語りながら何かテーマを決めてスケッチブックに殴り描きセッションしてました、。たぶんその頃のです。もう忘れちゃったなぁ、誰と何話してたんだろう。

これはTobbyの木版だ。大学2年の頃の課題で製作
確か文化祭の時、桃屋のチケットにしたマークじゃないかな、なつかしいなぁ。

鳥のスケッチ

誰を描いたんだろう

確か平山郁夫さんの模写じゃないかな?

当時よく聴いてたSIONだ。

あれ、確か夏休みに描いたんだよなぁ、寒い夏。
ミスチルの「君がいた夏」の頃だと思う。

こっからはコラージュとか、切り抜きのページ
Jリーグ開幕の頃だなぁ、何か調べて発表したんだよね

1992年8月 「時間がないとかカネがかかるとか、逃げを言う人には会いたくないな。やる気さえあれば苦にならないの」

21回目の夏は去り 22回目の夏が来た
当時読んだ本や、友人からの言葉と、その時目に入ったいろいろMix

悪意のある理解よりは、好意的な誤解のほうが素晴らしいね

雑誌のスクラップ
ほとんど「POPEYE」だなぁ

大人になったら、こんなオシャレなモデルたちのスタイル憧れてました。

ファッション雑誌がパワー持ってた頃だなぁ。

卒業製作の「渦」というタペストリーを製作していた頃

いろんな思いがグルグルとしてます。
このころのスケッチブックは、眺めていると内容が濃くて
残しておきたい気持ちが大きかったけど、思い切って処分してしまいました。

ここからは、社会人になった頃
このあたりから、スケッチより文字が多くなって
最近は、、ほとんど文字で埋め尽くされてしまうページばかりです。

社会人1年目。苦悩の日々。

スケッチブックとペンや色鉛筆があれば何か手を動かしてた

なっつかしいなぁ〜、入社同期のみんなじゃん
元気にしてるかなぁ。

紙くずだらけになりながら、紙と金属に分別して思い出のスケッチブックを処分しました。当時のPCデータ、MOも処分したんだけど、これだけ時間が経過するとPCの互換性や読み込むのにすっごく時間が必要で、電子データよりもスケッチブックに描き止めたカタチの方が、脳味噌の中にあるイメージ喚起力が強くて懐かしすぎでした。忘れてても思い出すんじゃん、見れば。

つづいて、デッザンや着彩などなどシリーズへ続きます。

LINEで送る
Pocket