天然灰汁発酵建藍染-仕込み準備中

今週末の葉山芸術祭、森山神社
青空アート市の準備が楽しくなってきました。
準備しているシャツを紹介したいのですが、
こちらも大変魅力的なので、先に紹介します!
徳島藍特上品すくも藍
古来の原料、染め方、藍の色にこだわった
染めのご依頼をいただきましたのでこちらで
制作方法と過程をご紹介していきたく思います。
上の写真は徳島藍特上品すくもです。
すくもとは、原料となる葉藍を乾燥/発酵させ
土の様になった藍染の原料となるものです。
古来、すくもを原料とした藍染が行われていましたが
現在では高価で大変手間のかかる染色の為、すくものみを
原料にした、天然灰汁発酵建ての藍染は大変少なくなっています。
染色時すくもも使用してはいましたが、他とブレンドする等
すくものみの発酵建てはしばらく行っていませんでした。
藍染には天然素材至上主義、古来の製法が何でも良い
といったこだわりの様な考え方もあり、自分も原料には
今でも悩みながらで、素材や制作したいモノの仕上がりを
優先して原料を選んでいます。
結果、色味を大切にしたい時は天然のインド藍や
すくもをブレンドした割建て、
コスト優先だとインディゴピュア、等
染めるモノによって、すべて今、自分が考える
最善の違う原料と染め方をしていると言っても
過言ではありません。
話しが長くなってしまうので元にもどしますが
改めて『すくも』を手に取り、その感触や匂いから
力強いエネルギーを感じ、染めが出来る喜びを感じました。
手にした時に、インド藍からも感じられますが
ここまで育って来た時間と様々なエネルギーが濃縮されて
感覚に訴えてくる力がインジゴピュアとはまるで違います。
それが染めの色や仕上がりにどのくらい変化があるか、
というとまた難しくなってしまうのですが。。。
藍染を追求していくと一筋縄ではいかない、
制約のようものに対峙せざるをえなくなります。
そのひとつに、間違いなく原料選びが関わってきます。
木灰汁、牡蠣灰汁、日本酒(菊水)
他に使用する助剤も、木灰を熱湯に入れ上澄みを取った灰汁と
石灰汁(牡蠣の殻を細かく砕いたものを灰汁と同じ方法で取った液)、日本酒とこちらも天然の材料にこだわりました。
現在仕込みの準備中です。
灰汁はぬめりがあり、やや甘い灰汁がとれました。
よい日を選び仕込みたいと思います。

LINEで送る
Pocket

藍の煮染

5月10日の葉山芸術祭の準備で忙しくなってきました。
先日、4/27は藍の煮染という
新しい染め方法をしてみました。
今までアルカリでの藍の還元染めとは異なり
酸性液で染めるため、絹や羊毛が美しい中色に染まります。
勉強不足なのと、今までの固定概念が固まっていたので
新しい染色に抵抗があったのですが、いざ染めてみると
この染め方法はこれで、ひとつの藍染めなのか、、な?
とかなりビックリする事が多かったです。
写真絹のショールは
煮染藍と黄色に染まっているのは
紅花染めです。
もうひとつ、クッションのような形は
羊毛(フェルト)です。
昨年、金沢文庫芸術祭でお話いただいた
手作りフェルトのマルストロム さんより
サンプルのフェルトのバッグのベースを染めてみました。
素材感が絹や綿と全く異なりやさしい風合いです。
染めの肌触りも新鮮な感じでした。
縫い目がない!というのは感動でした!
染め、洗い終わった生地を干して
夕日に輝く色合いを見ていると
とてもうれしい至福のひとときです。
(現実は染の片付けがたくさん待っているのですが。。)
あすも日の出から染め予定!
晴れるといいな。

LINEで送る
Pocket