「JAPAN -indigo beautiful island-」染め上がる

ようやく染め上がりました。
Tシャツ、シャツ、ワンピースタイプの
「JAPAN -indigo beautiful island-」

フラッグシップの筒描を染めたのが、2016年の5月、
彫り途中で放置だった型紙を彫りあげたのが今年の1月、
糊置きして、彩色して、藍で染めて、、半年以上か。ようやく、完成です。

藍の色や型の図案などなど、ちょっと気になるとこもあるけど、
それらも味ってことで、これはこれで良しでしょ。と思ってます。
めちゃくちゃかっこいいじゃん(自己満足ですが。。)

これが生まれたきっかけは、もう何年前のことになるだろう、
アートスクール時代の友人ハッシーとハマスタでさんざん飲んで
レフトスタンドに吸い込まれるホームランを見たときに、
いろいろなシガラミが吹っ切れて、
ああ、今まで染めたことのない、アルファベットの文字が入る
新しい感覚を染めようって思ったのがキッカケ。

「スカジャン」っていろいろ説がありますが、染裕の理解だと
米軍の兵士が本国に帰る時、お土産として日本の国内風景等が刺繍され
横須賀のドブ板周辺で販売されたジャンパー。

日本人が着物から離れてしまった現在、
日本人のアイデンティティ要素が詰まっていると思うんです。
ただ、今のスカジャンって、ちょっとテイストが古めかしく「品がない感じ」の下品なヤンキーテイストになると、あぁこっちじゃないなぁ、と思ったり。

ハワイアンシャツと同じく、和柄との関連が深く、
これはモチーフとして取り上げたいと、スカジャンが生まれた背景をベースに
「藍色が美しい島国、日本」をテーマにシャツやワンピースに意匠をほどこしてみました。

型友禅の技法と筒描、絞りのミックスアレンジです。
今を生きる、ボニー&クラウドのハートを持った人に着て欲しい。

この数年、染めが出来ない日々が続いていましたが、
染めていない時も意識の中では染めをしていました。
この日々に読んだ本や音楽や、出会った人々。
多くのアドバイスを頂きありがとうございました。

LINEで送る
Pocket